電話: 03-3354-1551


HOME > ゴルフトレーニング > 柔軟性トレーニング

柔軟性トレーニング

柔軟性を高めるトレーニングには、弾みや反動を使っておこなう動的ストレッチングや、ゆっくり伸ばす静的ストレッチがあります。 そして柔軟性が高まれば、関節の可動範囲が大きくなり、動作が無理なくスムーズにできるようになります。また、筋断裂などのけがを予防するのにも役立つと言われてきました。

しかし、最近では、身体を機能的に動かすためには、各関節によって働きが違い、役割も違うことから、柔らかければ“ゴルフにいい”“競技力がアップする“という単純なことではないことが分かってきました。

当クラブのゴルファーのための柔軟性トレーニングは、柔らかくするところはしっかりと伸ばし(モビリティの改善)安定させるところはしっかり安定(スタビリティの改善)させることで、芯のあるしなやかな身体づくりを行っていきます。

例えばゴルファーにとって身体の捻じりは大切な要素ですが、腰を捻る意識が強く、腰部の可動域を得ようと努力していった結果、腰痛が発生してしまうケースがあります。

腰部はスタビリティ関節(安定させる関節)なので、必要以上に可動域を得ようとすると障害につながります。 捻じりを強化する場合は、股関節や胸椎のモビリティ関節(動かせる関節)を改善していき、腰部を安定させるエクササイズをすることが、大きな可動性を生みます。

当クラブの柔軟性トレーニングでは、ただ、柔らかくするだけではなく、しなやかにスイングできる身体づくりを目指していきます。