電話: 03-3354-1551


HOME > コラム > 第238回 飛距離アップの為のゴルフマッスルトレーニング〜理論編〜

オンライン講座

第238回 飛距離アップの為のゴルフマッスルトレーニング〜理論編〜

こんにちは、トレーナーの江澤彬です。
今月はゴルフマッスルトレーニングというテーマで、飛距離アップに必要な筋肉を鍛える為のトレーニングをご紹介していきます。

まず飛距離アップする為には、ボール初速を上げる必要があります。
ボール初速はヘッドスピードだけでなくミート率を上げる事と、インパクト時にどれだけボールに「圧力」を掛けられるかが重要です。
強い圧をボールに与える為には力強く体幹部分をねじる事と、そのパワーを逃がさずに動ききる事が必要です。

そこで、鍛えていきたいのは、Posterior oblique system【以下POS(左)】とAnterior oblique system【以下AOS(右)】と言われる体幹の回旋に関わる筋連鎖です。


POSは体幹後方の広背筋と殿筋の繋がりから成る筋連鎖です。
AOSは体幹前方の腹斜筋と内転筋の繋がりから成る筋連鎖です。
このPOSとAOSという筋連鎖がスムーズに力強く働くことで回旋パワーが発揮されます。

次回からはこのPOSとAOSという筋連鎖を鍛えるトレーニングを紹介していきます。

江澤 彬

スポーツの世界で様々な競技、チームでトレーナーとして関わり、甲子園出場校のトレーナーや女子プロゴルフツアー帯同トレーナーとして賞金女王のサポートなど行う。またパーソナルトレーナーとして多くの会社経営者、著名人、アーティスト、アスリートのサポートをしている。トータルゴルフフィットネスではテクニカルマネージャーとして「より長く、より上手く」をコンセプトにゴルファーの健康とパフォーマンスに貢献するサービスの提供と、選手育成担当として世界に通用する自己管理能力の高いアスリートゴルファー育成に尽力している。

江澤 彬のパーソナルトレーニングをご希望の方は03-3354-1551まで。