本日の混雑予測と当クラブの取り組み

電話: 03-3354-1551


HOME > ゴルフトレーニング > 呼吸トレーニング

呼吸トレーニング

私達は、普段無意識のうちに呼吸をしていますが1分間に15〜18回、1日で約2万回以上も無意識で呼吸をしています。

呼吸は肺が自発的に動くのではなく、肺の周りの様々な筋肉が関連して、胸を広げたり縮めたりすることで繰り返し行われます。呼吸の仕方が浅かったり間違ったやり方をしているとゴルフパフォーマンスを低下させ怪我の原因にもなると言われ多くのアスリートが呼吸トレーニングを取り入れています。呼吸筋という筋肉は使わなければ弱くなります。

日々の緊張・ストレスやスマホ・PCの利用で呼吸は浅くなり、姿勢の悪化や呼吸に関連する首・肋骨・お腹などの筋肉の硬直などで呼吸が浅くなります。

呼吸筋を鍛えることで、呼吸が深くなり姿勢が良くなると考えています。また同時に内蔵機能が向上し不調が解消、自律神経も安定する方法として呼吸筋トレーニングを取り入れています。