本日の混雑予測と当クラブの取り組み

電話: 03-3354-1551


HOME > コラム > 第429回 ゴルフスイングの勘違い~床反力・地面反力 第2弾~

オンライン講座

第429回 ゴルフスイングの勘違い~床反力・地面反力 第2弾~

トータルゴルフフィットネス トレーナーの小谷博文です!
床反力・地面反力第2弾!!!
今回は床反力・地面反力を高めるトレーニングのご紹介です!!

詳しい内容はこちらの動画でご紹介していますのでご覧下さい!

床反力を受けるときに、身体のバランスを保てていなかったり、踏んだ後に返ってくる力をもらえきれなかったりするのには、関節の柔軟性の問題もあるのですが、バランスをとる・姿勢を保つという事がとても重要です!

そこで今回は、床反力を上げることで軽視されがちなバランストレーニングからご紹介させて頂きます!
両足立ちの時にはグラグラしてしまうということはほとんどないですね、なので片足の状態でバランスを取るということを行っていきましょう!

最初にご紹介するのは、片足立ちでアドレス姿勢をとっていきましょう!

最初のエクササイズでは動きのエクササイズではなく安定性を高めるエクササイズです!
30秒間キープすることを目標にしましょう!
動きを制御するために安定させるということが基本になります。

ここで押さえて頂きたいポイントは足首でバランスを取る(Ankle Strategy:アンクルストラテジー)ということです!
そして、足の裏の筋肉やセンサーを活発にしておくことが足首を使うことに繋がってきます!
足の裏を活性化させるために、ゴルフボールを軽く踏み足の裏でボールをコロコロ転がしましょう!

転がした前と後でのバランスの変化はどうですか?
転がした後での方が足の裏の地面への接地感がわかると思います!
これが足の裏センサーが活発になった証拠です!

2つ目のトレーニングはバランスをとりながら筋力を鍛えていきます!

片足のアドレス姿勢から上半身を左右に捻っていきましょう!

動きを加えた状態で安定させ、お尻や腿裏にキツさを感じながらバランスをとっていきましょう!
ゆっくりな動きに慣れてきたら、捻るスピードを上げレベルアップしていきましょう!

ここでは床反力を最大限に使うためのバランストレーニングを2種目ご紹介させていただきました!
ここから「バランス能力+パワーに繋がるための筋力を鍛えるエクササイズ」をし動きの中でバランスを保つことをトレーニングしていきましょう!

前回の床反力を最大限に使うタイミングの習得をしてからこちらをご覧下さい!

そして前回の内容でお話しせせて頂きました、『タイミング』も上手く使いこなし床反力を最大限に使える身体・スイングを目指していきましょう!!

小谷 博文

トータルゴルフフィットネス所属パーソナルトレーナー
埼玉県出身。流通経済大学スポーツ健康学部にてスポーツ心理学・栄養学・トレーニング論などすべての運動学を履修。また成功哲学も学び、メンタルトレーニングを自ら行い、メンタルセミナーなど子供たちに夢を叶える方法を教える活動も行っている。トータルゴルフフィットネスでは、プロアマ問わず多くのゴルファーのトレーニング&コンディショニング指導を行っている。

小谷 博文の関連コラム

小谷 博文のパーソナルトレーニングをご希望の方は03-3354-1551まで。

#スイングづくり