電話: 03-3354-1551


HOME > コラム > 第325回 本番で自分の力を発揮するためのイメージトレーニング

オンライン講座

第325回 本番で自分の力を発揮するためのイメージトレーニング

皆さま、こんにちは
メンタルトレーナーの濱田です。

今回は最もパフォーマンスに影響を与える。
パフォーマンスを上げることが可能になる
イメージトレーニングについてお伝えしたいと思います。

イメージトレーニングを皆さん聞いたことはありますか?されたことはありますか?
実は皆さん無意識にイメージトレーニングをされている方がとても多いです。

イメージトレーニングに
マイナスとプラスのイメージトレーニングがあります。
マイナスのイメージをするとそれが現実になる可能性が高くなります。
逆にプラスのイメージをする事でそれをまた、現実にすることが可能になってきます。

なぜイメージトレーニングをすることで
パフォーマンスが変わるのか…

それは人間の脳は意外と単純だからです。 脳は実際の経験と、頭の中で鮮明に描いた想像上の経験を区別することができません。
またイメージしたことを再現する力を人は持っているのです。
必ずしもイメージしたから実現できるかと言われると違いますが、実力のある選手がすることで現実へと自分自らで導くことができます。

そのためにもより繊細にイメージすることが鍵となります!!

イメージトレーニングならぬ
イメージリハーサルをするのです!
試合の会場の雰囲気や、声、ノイズ、音、匂い、
様々なものや人、状況をイメージし
また試合をしていくことをイメージします。
勝利を迎えた時、ベストスコアで回れた自分をイメージすることでそれを現実にする。
自分の脳を自分で騙し、思い通りにすることができるのがイメージトレーニングになります。

なので逆に
ミスした時やマイナスなイメージをしてしまうと
それが現実に起こりやすくなってしまいます。
それを自分でコントロールして変える
それをするためにも
イメージトレーニングを習得することで
可能になります!

今様々なスポーツ選手が実際に
このイメージトレーニングを使い
様々な偉業を成し遂げています。

もちろん彼らにそれにふさわしい実力があってこそですが、それを本番で発揮するためにも
勝つために日々メンタルを鍛え、イメージトレーニングをしています。

実際に羽生結弦選手は
試合前に10回自分が成功するイメージをして試合に臨みます。

体操選手の米田功選手も
イメージリハーサルを試合前にされていました。
実際に、アテネオリンピックで金メダル

イメージトレーニングは自分の実力を本番で全力発揮できるようにする方法の一つになります。
なので実力以上のことは発揮できませんが。
実力を持っている以上は最高のパフォーマンスを実現することは可能です。
その可能性を上げるためにも
多くのアスリートがイメージトレーニングを行なっています。

是非みなさんも
イメージトレーニングで
最高のパフォーマンス発揮できる
力を手に入れてください!!

濱田 朋佳

東京都出身。帝京平成大学トレーナー・スポーツ経営コース卒業。大学時、大学ラグビーやサッカーなど様々なスポーツでトレーナー経験を積み、その中でメンタルの重要性を実感し、大学卒業後メンタルトレーニングの勉強をし、資格を取得。メンタルトレーナーとして「最高のパフォーマンスを発揮できる選手づくり」をテーマに選手一人ひとりとしっかり向き合い、共に結果を出せるよう指導している。

濱田 朋佳の特別プログラム

選手用ゴルフメンタルトレーニング

濱田 朋佳のメンタルトレーニングをご希望の方は03-3354-1551まで。