電話: 03-3354-1551


HOME > コラム > 第307回 HYPERVOLTを使って短時間でのゴルフコンディショニング&ケア 3 〜下半身編〜

オンライン講座

第307回 HYPERVOLTを使って短時間でのゴルフコンディショニング&ケア 3 〜下半身編〜

こんにちは。トレーナーの小宮です。

HYPERVOLT(ハイパーボルト)を使ってのコンディショニング&ケア第3弾です!
今回は下半身に対してのHYPERVOLT(ハイパーボルト)の使い方をご紹介いたします。

ゴルフではとても重要となる筋肉の臀筋。
臀筋はとても大きな筋肉です。
普段やっているストレッチだけでは単一な部分しか伸びていない場合がございます。
そんな時にはHYPERVPLTを使う事によって、今までほぐせなかった場所も簡単にほぐすことが出来ます!
さらに、固まっていたら上手に使用することが出来なくなってしまうので、筋肉を柔らかい状態にしておき、いざ使うとなった時に備えてHYPERVOLTでほぐしておきましょう!

続いては大腿四頭筋(下左)とハムストリングス(下右)です。
どちらの筋肉も内側・中央・外側と別々の筋肉が存在します!
どこが1番硬くなってしまっているか痛みが強いのか探してみてください!
硬くなりやすい所こそ、日常やトレーニングで使いやすい場所です。

前脛骨筋と呼ばれるすねの筋肉をほぐしていきます。
足首を曲げる(背屈)するときに使う筋肉です。
足首を曲げる(背屈)ということは自然に多くの回数行っています。
それだけ多く筋肉を使っている場所になります。
HYPERVOLTを使う事によって使用後は歩行も軽くなります!

最後は足の裏をほぐしていきましょう。
地面に常に触れている部分でもあるので常に体重がかかっている場所になります。
たくさんに筋肉がありますので一箇所ではなく足裏全体に当ててください!

3回にわたり全身のほぐし方をご紹介させていただきました。
世界中のアスリートに好評な理由がお分かりになったと思います。

次回は、ご自身で行うのが難しかった場所に対して、ペアでのやり方をご紹介します!

小宮 諒

東京都出身。在学中に地域密着型スポーツクラブを選択し、ジュニアから高齢者、アスリートなど幅広いお客様の評価、トレーニング指導を経験し様々な痛みやパフォーマンスアップを担当。その人にあったトレーニングを提供することによりゴルフの結果だけではなくトレーニングの楽しさや素晴らしさ、変化などを実感してもらえることをテーマにしている。

小宮 諒のパーソナルトレーニングをご希望の方は03-3354-1551まで。