本日の混雑予測と当クラブの取り組み

電話: 03-3354-1551


HOME > コラム > 第217回 ゴルフの夏対策 〜虫刺され対策編〜

オンライン講座

第217回 ゴルフの夏対策 〜虫刺され対策編〜

みなさんこんにちは
トレーナーの捧花奈です。

今回は、虫刺され対策です!

虫が多い季節となりました。
そして日本にヒアリが見つかったというニュースも出てきています。

コースを回っていても蚊などに刺されることもあるかと思います。
特にラフなどの草が生い茂っている場所は虫が好みます。

ヒアリやスズメバチなどの毒に過敏なアレルギー反応を起こす人の中には、アナフィラキシーショック(血圧が急に低下し、意識消失)してしまう方もいます。
(アレルギー検査は内科や皮膚科で行うことが出来ます)

刺されてしまった場合は冷静になり、すぐに病院に行きましょう。

また、蚊やブヨはよく遭遇するかと思います。
その予防と処置について説明します。

予防

  • 清潔に保つ(菌に反応して寄ってくるので足や腕などを消毒すると効果的です)
  • 露出をなるべく避ける(熱中症になりやすくなるので薄手のものにしましょう)
  • 明るい服を着る(黒などの色の濃いものに虫は反応しやすい)
  • 虫よけスプレーやシールで予防

処置

  • 触らない
  • アイシング(炎症を抑えてくれます)
  • 抗ヒスタミン薬軟膏を塗る(清潔な手、ガーゼで塗る)
  • めまい、吐き気等異変を感じた場合は病院へ

前回も出てきた冷却(アイシング)について家で簡単にできるやり方を説明します。

  1. ビニール袋に家庭用氷を入れます(冷やしたい部位の大きさに合わせる)
  2. ビニール袋の口をすぼめ中の空気を吸います
  3. 空気が再び入らないように縛ります

日焼けや熱中症の場合でも役立つので覚えておくと良いです。

外的要因によりストレスを感じやすくなり、このストレスが重なると大きなパフォーマンス低下につながります。
そのため蚊でも適切な処置が必要となります。
軽視しやすいかと思いますが、予防、処置をしっかり行いましょう。

捧 花奈

帝京平成大学トレーナー・スポーツ経営コース卒業。
大学では予防とコンディショニング、トレーニング科学等のスポーツ医科学領域と共に経営についてのカリキュラムも履修。また、高齢者体操教室、女子サッカー、大学ラグビー、マラソン救護等の幅広いスポーツ種目、年代のトレーナー活動を行った。
現在は多くのゴルファーに自立してトレーニングできることを目標に自身の身体への興味、1つ1つのトレーニングの目的の理解をしていただけるようなトレーニング指導をしている。

捧 花奈の関連コラム

捧 花奈のパーソナルトレーニングをご希望の方は03-3354-1551まで。