本日の混雑予測と当クラブの取り組み

電話: 03-3354-1551


HOME > コラム > 第189回 ゴルフスイングの勘違い 〜 腰の回し方 〜

オンライン講座

第189回 ゴルフスイングの勘違い 〜 腰の回し方 〜

こんにちは。トレーナーの谷崎です。
今回のオンライン講座は「骨盤の動かし方」についてです。

一般的にはよく「腰を回す」とか「腰を切る」と表現されます。
ゴルフスイング中に骨盤の動きを細かく見ていくと前後左右に様々な動きをしますが、中でもゴルフスイングに欠かせないのが回旋の動きです。

下の写真にあるように線を引き骨盤の高さでスパッと水平に輪切りにしたと仮定しましょう。立った状態と、ゴルフのアドレスをした状態ではこの輪切りの断面の傾きが異なります。
地球で例えるならば地軸の傾きと赤道の関係と同じです。この断面の傾きを維持したまま回さないと軸がブレることになります。
厳密に言うと、人間の身体は地球と違って回転軸が体の中心にあるわけではないので回転運動は少し異なりますが、傾きというイメージだけならば同じことが言えます。

このイメージを勘違いしている人は少ないかも知れませんが、実際のスイング中にはわかっていてもうまくできないということがよくあります。

例えば、アマチュアゴルファーの約6割にあるスイングエラーに「アーリーエクステンション」というものがあります。
これは後方からスイングを見たときに、アドレス時のおしりのポジションがスイング中に前方へシフトして上体の前傾角度が保てなくなる状態を言います。起き上がりとも言われます。

アーリーエクステンション例

原因としては、振り遅れやダウンスイングでクラブが必要以上に寝てしまうなどクラブの操作に問題があることが多いです。その問題を解決することがまず重要ですが、別の改善アプローチとして骨盤の動かし方を直してみるのも良いでしょう。アーリーエクステンションしている人は先ほどの地球の例だと、軸の傾きを維持できずに地面に対して水平に骨盤を回旋させてしまいます。

一番上の写真のように、スイング中の骨盤の傾き(地球の例だと赤道)がアドレス時の傾きと同じであるようにイメージしましょう。
※厳密に言うとダウンスイング中、骨盤は徐々に後傾という動きになってアドレス時よりは傾きが無くなり地面に対して水平に近づいていきますが、ここではシンプルに考えやすいように気にしないことにします。アーリーエクステンションはこの動きとは別の要因で起こっていることが多いです。

また地球と違って骨盤は楕円形ですので、バックスイングでは右骨盤側がやや高く、ダウンスイングでは左骨盤側がやや高い位置となります。これも意識する重要なポイントです。

矯正アドバイスとしては以下のようによく言われます。
・ダウンスイングでは右腰を下げる(または左腰を高くする)
・バックスイングしたらアドレスの位置に骨盤を戻すだけ
・右足のももを左足の内ももにつけるように
・ダウンスイングでは右足が遠回りしないように

右足が遠回りというのは下の写真左のように後方からスイングを見たときに足と足の間に向う側の景色がよく見える状態です。遠回りしなければ写真右のように右足の裏があまりめくれない形になります。

右足が遠回り例

様々な表現があって、人によってイメージも様々ですので、自分に合っているものを見つけられるとよいと思います。

身体の感覚が鈍いタイプの方や骨盤や股関節の動きと言ってもピンと来ない方は、これらのアドバイスがあってもスムーズに身体が動かない可能性もあります。
そんな方はまず骨盤の動きのトレーニングをしてみましょう。負荷をかけるトレーニングではなく動きの学習を目的としています。

いずれも上半身や下半身が必要以上に動かないように行いましょう。

ペルビックチルト

ペルビックローテーション

そもそも骨盤の可動性が少ない人はこの動きが難しいと感じると思いますが、継続していくと徐々に動かしやすく感じます。

骨盤や股関節周りのスムーズな動きは、ゴルフスイングに直結するところですので是非トライしてみてください。

谷崎 美樹

日本体育協会公認アスレティックトレーナー、柔道整復師。ゴルフトレーナーとして、主にトータルゴルフフィットネスでパーソナルトレーニング指導を行っている。自身もゴルフが好きでベストスコアは70台。ファンクショナルトレーニングで効率よくゴルフボディを作ることを得意としており、プロゴルファーからアマチュアゴルファー、ジュニアゴルファーまで幅広く指導中。また、整形外科でリハビリテーションを担当していた経験から、痛みのある方へのトレーニング指導も行っている。特に腰痛改善トレーニングは希望者が多い。

谷崎 美樹の関連コラム

谷崎 美樹の特別プログラム

メディカルゴルフフィットネス

谷崎 美樹のパーソナルトレーニングをご希望の方は03-3354-1551まで。

d