電話: 03-3354-1551


HOME > コラム > 第181回 Rotexで可動域アップ 〜 インワード・ヒップ・ローテーション 〜

オンライン講座

第181回 Rotexで可動域アップ 〜 インワード・ヒップ・ローテーション 〜

こんにちは。トレーナーの池田です。

今回はRotexのエクササイズ(インワード・ヒップ・ローテーション)をご紹介します。
股関節・体幹まわりの筋肉のバランスを整える種目です。

壁に寄りかかりながらマシンに正しく乗ります。(※第180回 参照)
身体をリラックスさせ、後頭部・背中・お尻を壁にくっつけます。

骨盤を後傾させ、腰と壁の空間をつぶし、足首をリラックスさせ、股関節を捻るようにディスクを限界まで内側にまわします。その姿勢を崩さずに10秒間キープします。

10秒後、ディスクの角度を保ったまま、腰で壁をさらに押します。股関節を捻るようにディスクを内側にまわし、10秒間キープします。1回目より少しでもいいので、深くまわしましょう。

これもう一度行い、全部で3回(30秒)行いましょう!

〜エクササイズ中のポイント〜
・壁から後頭部・背中が離れないようにしましょう。
・上半身はリラックス。(特に首・肩まわり)

ぜひ、お試しください!

池田 裕介

東京スポーツ・レクリエーション専門学校卒業。米国のアスレティックトレーナーやストレングスコーチの必須資格とも言われている NASM-PES や MBSC-CFSC を取得。その後、都内フィットネスジムでは店舗管理や新店開発などトレーナー以外のマネジメント業務も行う。現在、トータルゴルフフィットネスでは「セルフマネジメント能力のある選手づくり」をテーマにジュニアゴルファーからプロゴルファーからまで幅広く指導している。

池田 裕介のパーソナルトレーニングをご希望の方は03-3354-1551まで。