電話: 03-3354-1551


HOME > コラム > 第24回 股関節を柔軟にして再現性を高める方法 〜初級編〜

オンライン講座

第24回 股関節を柔軟にして再現性を高める方法 〜初級編〜

皆さん、こんにちは。ゴルフトレーナーの菅原です。

ゴルフで重要な関節と言えば股関節!
股関節が使えるようになると、前傾姿勢が自然にとれてアドレスも構えやすくなります。

またスイング時の体重移動もスムーズになり、回旋動作がしやすくなります。股関節の動きを改善するだけで、ゴルフが劇的に変わるかもしれません。

ぜひ、一緒に柔軟性を高めて使える股関節目指しましょう!

今回はゴルファーのための「股関節を柔軟にして再現性を高める方法 〜初級編〜」をお伝えします。

1. 内回し・外回し運動
両手で太ももを持ち、内側、外側にリズムよく捻じります。股関節をこれから動かすので、ウォーミングアップとして行いましょう。片側10回行ったら逆側も行います。
2. 内ねじり・外ねじり運動
両足を肩幅より広くひろげ、両膝を90度くらい曲げて座ります。ゆっくり膝を内側に倒します。膝に痛みがでないように、意識するところは、股関節から捻じるように内側に倒します。左右交互に10回行います。
3. 股関節ねじり運動
両足を広げ、膝を伸ばして座ります。膝を伸ばしているので、少し難しくなりますが、太ももを内側に捻っていきます。左右交互に行い、左右の股関節の動きの差を感じながら行いましょう。左右交互に10回行います。
4. 内もも伸ばし
片膝を立て、逆側の足は伸ばし、身体を前に倒します。片側づつ行うことで、より内ももが伸びやすくなります。片側づつ10回行います。
5. 骨盤前後運動
開脚して座り、両手で身体を支えます。支えながら、骨盤のみを前後に動かします。腰を反る動き、丸める動きを交互に行います。前後交互に10回行います。
6. もも前&裏側伸ばし
片膝を着き、重心を前に移動して、ももの前側を伸ばします。次いで曲げている膝を伸ばし、ももの裏側を伸ばします。表と裏を交互に10回伸ばしましょう。
菅原 賢

2007年には上田桃子プロのパーソナルトレーナーとして最年少賞金女王獲得をサポートする。また2012年には、ジュニア時代からトレーニング指導を行っている斉藤愛璃プロがダイキンオーキットレディスにて開幕戦優勝を飾るなど男女を問わず、プロゴルファーを多数指導する。現在もJOC日本オリンピック委員会医科学強化スタッフとしてアスリートを指導している。

菅原 賢のパーソナルトレーニングをご希望の方は03-3354-1551まで。